英語耳 リスニング

英語耳 リスニング

英語耳 リスニング

 

英語耳を作る上で考慮すべき英語の発音として
有声音と無声音というものがあります。

 

この2種類の音の違いは「声帯が振動するかしないか」によって分けられます。

 

ヒトには喉仏に声帯という器官がありますが、声を発したときに声帯が震えた時の音を有声音と言い
反対に声帯が震えない時の音が無声音です。

 

無声音は小声で内緒話をするときやフーっと息を吹きかけるような状況をイメージしてもらえれば分かりやすいと思います。
※シャドーボクシングをしている時に口からでるシュッシュッという音もそうです

 

ここで母音、子音と、この有声音、無声音との関係です。

 

まず母音はと言いますと、これは全て有声音です。
「あいうえお」と発音するとき声帯は必ず振動しているからですね。

 

次に子音ですが、これは有声音と無声音の両方があります。
さらに言うと、無声音は子音にのみ存在するんですね。

 

p,、f、t、 k、 ch、 s などがその例です。

 

英語の発音には簡単なルールとして、有声音の後には有声音が続き
無声音の後には無声音が続くことになっています。

 

先ほど触れたように日本語には必ず母音が含まれているため
日本語はほぼ有声音のみであると言えます。

 

なので、無声音に普段から慣れていない日本人の耳では
無声音を含む英語を聞き取ることが難しいんですね。

 

だからこそ英語耳を鍛えて無声音に慣れる必要があるのです。
英語耳を鍛えるにはこのような英語の特徴を理解しておくとスムーズに訓練が進むでしょう。